信濃まつもとのブログ

独自サーバーに書いていた物をはてなに移行。独自サーバーの方でガジェットと経済の記事を書くサイトをはじめました。

Jabra elite 85tの感想:ノイズキャンセル、ダメダメです

ノイズキャンセリングイヤホンを探していて、勢い余ってJabra elite 85tを買ってしまったので感想を書く。正直な話し、ダメダメでした。

耳に合う合わないで差が大きい

YouTubeの評価動画ではノイズキャンセル性能がBOSEと拮抗か、ほんの少しだけ劣ると高評価だ。

これが買いの決め手だったのだが、全く効かない!

人の声もエアコンの音も全部聞こえる。電車のアナウンスはハッキリ聞き取れて、曲どころの話では無い。カット率は0%だ。んじゃこりゃって感じだ。

で、試しに別の人に私の85tを付けさせた感想は「何も聞こえない」だった。

???

ヒアスルーモード(外音取り込み機能)に切り替えると聞こえると言う。

もう一回ノイズキャンセルモードにするとやはり何も聞こえないと言う。

要するに耳にピッタリとフィットするかしないかなのだろう。

フィットするか、しないかがとても大切。

こればかりは使うまで分からない。

ならば自分に合うイヤーピースが欲しいと思うが、85tのイヤーピースは楕円形なので他メーカーのイヤーピースはなかなか無いのだ。

お手上げ!

音質は普通だと思う

音質がすごく良いという評価だが、普通だと思う。

私は今までiPhone11に付属してきた有線イヤホンを使っていたのだが、それと大差なくどちらも良い音だと思っている。

85tの方が低音がやや強調されているが、そのくらいの違いだ。

と言うか、耳にフィットしていないので私が聞いてる音は本来の音ではないのかもしれない。

逆に高低音のバランスはiPhone付属のイヤホンの方が良いと思える。もちろんこれはイコライザーで動かせるが。

そもそも、ノイズキャンセリングイヤホンは雑音の多い場所で使うものなので、音質なんて悪くなければ良いのだ。最優先はノイズキャンセリング性能だろう。

ちなみに、私が家で使っているのはオーディオテクニカATH-M20xという有線のモニターヘッドホンで、こちらは最高に良い音を出す。5000円くらい。

電車内ではプチプチ言う

Bluetooth接続なので仕方がないが、電車内で時たまプチプチとノイズが入る。電車の電気が原因だと思うが気になる。接続が切れる事はない。

電車移動での使用を考えている人は注意。

そもそも、先ほども書いた通り耳にフィットしなければ車内アナウンスがノーカットなので。。。

サポートは音沙汰なしで最悪

ノイズキャンセリングが全く効かないので故障かと思いサポートにメールを送ったのだが音沙汰なしだ。

サポートが機能していないのだろうか?

どっちにしろ壊れた時などにサポートに繋がらない売りっぱなし商品は買うべきでない。

買うならSONY WH-1000XM4

と言うわけで、買うならば多少は持ち運びがかさばるが、ヘッドホンのSONY WH-1000XM4がいいだろう。

ヘッドホンなので耳に合う合わないを気にしなくていい。値段もそこまで変わらない。

ノイズキャンセリング性能はピカイチらしい(私は試していない)。

航空会社ANAのファーストクラスのヘッドホンはSONY WH-1000XM3らしいので、それなりの実績はある商品だ。

って事で、悪い事は言わないのでSONY WH-1000XM4にしておきなさい。

ステマのような終わり方だが、私もSONY WH-1000XM4を買う予定だ。

Amazon KDP 新しいW-8BEN, W-8BEN-Eの提出方法

AmazonのKDPから「米国税金情報の有効期限が間もなく失効致します」というメールが届いた。新しいW-8BENまたはW-8BEN-Eが必要という事で、その提出の仕方を紹介する。

やり方

基本はメールに記載されたとおりの手順で進める。

1, https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/ にサインイン

2, 右上の「アカウント」をクリック

3, 「税金情報」で、「税金情報の表示/提供」をクリック

4, 「面談を受ける(インタビューと書かれているかも)」をクリックし、面談を完了

5, 電子署名を提供して検証を迅速化

問題は4で、ややわかりにくい画面になりW-8BENを完成させなければならない。

以下の画像を参考に。

KDP提出書類

税区分:個人
米国の税制上あなたは米国人ですか:いいえ
ステータスは仲介代理人〜ですか:いいえ
フルネーム:(ローマ字表記で自分の姓名)
国籍を有する国:日本
所在地:(ローマ字表記、身分証の住所)
納税者番号:私は米国以外のTINを持っています
TIN値:マイナンバーの個人番号12桁
税制上の居住区:日本

となる。全部入れたらば『確認』を押し、同意にチェックをしたら電子署名をして送信。

以上だ。

以前はアメリカにファックスしてEIN番号を取得したりと面倒だったが、今は全部ウェブ上で完了するので随分と手間が省けた。

ちなみに、私はKindleで写真集などを売ってるので是非買ってください。アンリミテッドの人は無料で見れた気がします。

【低評価】DMMモバイルが楽天モバイルに吸収されて品質が低下した

って事で、DMMモバイルが楽天に吸収されて1年ほど経つ。楽天という事で不安があったのだが、見事に不安が的中した。

楽天モバイルで電波が弱くなった

楽天独自の回線(MNO)を契約しているならば仕方ないが、私はDMMモバイルでドコモ回線を契約(MVNO)していて、それを引き継いでいるので現在も楽天モバイルのドコモ回線(MVNO)となっている。

だが、明らかに電波が悪くなったのだ。

DMMモバイルの時は4本(最大)電波を掴んでいた場所でも、楽天モバイルになった今は2本しか掴まない。

横に居たドコモ回線を使っている知人の電波状況を見せてもらったが、その知人の電波は最大だったので、ドコモの電波が悪いのではなく、楽天モバイルのドコモ回線の電波が悪いのだろう。

楽天がドコモの電波契約をケチった

ここで疑問が。

何故、同じドコモ回線なのにDMMモバイルでは4本の電波だったのが、楽天モバイルでは2本になってしまったのか?

私は、楽天がドコモ回線をケチって一部の周波数帯を解約したのではないかと思っている。

ドコモは2.1GHz, 1.8GHz, 800MHz, 1.5GHz, 700MHz, 3.5GHzの周波数帯を持っているのだが、DMMモバイルが契約していた周波数帯を、楽天は減らしたのではないか。

楽天は費用のかかる独自回線の整備を進めているので、ドコモ回線をケチっても不思議ではない。

現に先日、au回線の契約を停止してユーザーが大混乱した。

楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も

exciteニュース

DMMモバイルは快適だった

もうなくなってしまったが、DMMモバイルはなかなか快適だった。データー通信量を細かく設定できたので、「来月は2GBにして、その次は1GBにしよう」と言ったことができた。

高速データー通信を使い切っても、ターボ機能と言うのがあって、接続を開始した直後は高速データー通信が行えたのだ。

つまり、動画は無理だが、瞬時に読み込みが終わる写真やメッセージなどは低速データー通信でもストレスなく行えた。

楽天モバイルはお勧めしない

って事で、格安SIMを探している人は楽天モバイルはやめておくべきだ。

ドコモやauと同じだけど安いというのが格安SIMなので、楽天モバイルのように劣化するサービス環境での魅力は皆無だ。

Appleシリコン搭載Macが発売!? 即買い注意のデメリット

という事で、いよいよ11月11日にAppleシリコン(アップル独自のCPU)を搭載したMacが発売されそうだ。そこで今回は飛びつく前の注意点などを書きたいと思う。

Appleシリコン搭載Macの注意点とデメリット

Boot Camp Windowsが使えない

現在のMacBoot Campという手法で簡単にWindowsを搭載できる。

Mac OSWindows OSを1つのマシンで行来できる便利な機能だ。

この機能はAppleシリコン搭載のMacでは使えなくなる。

現在、Boot Campを使っている人はすぐに買い替える予定がなくても、次に買うMacは確実にAppleシリコン搭載のMacになると思うので代替え品を考えておく必要がある。

・致命的なバグが出る可能性が高い

Apple製品を昔から使っている人は薄々気が付いていると思うが、大型アップデートの際には大体致命的なバグが出る。

ちょっと前にはiPhoneの形が大きく変わったiPhone4登場時に、iPhoneを握ると電波が弱くなるという事件が起こった。

握らずにどうやって使うのだ! そこで登場したのがバンパーケースだ。

過去、MacのCPUでも問題は起こっている。

今のインテル製CPUになる前はPowerPCという名のApple製CPUを搭載していた。

そのPowerPCからインテルへ移行した時もOSが不安定になったり、サードパーティのアプリ(これをアップルのせいにするのはどうかと思うが)が正常に動作しないなどというバグが起こっている。

『米Apple,Intel版Macでの不具合を修正したMac OSをリリース』

プライベートならばいいが、仕事で使っている人は使うアプリの動作保証がされるまで買い換えない方が無難だ。

今度登場するmacOS Big SurもAppleシリコンベースの初OSになるので、そちらのアップデートも慎重になった方がいい。

・今使っているアプリが使えなくなるかも

上にも書いた事だが、インテルベースで開発されたアプリは、正常に動作しなくなる可能性がある。

Appleは「動く」と言っているが、バグとは動くと思ったものが正常に動かない事を言うので。

とまあ、悪い事ばかり書いているがメリットも大きい。

Appleシリコン搭載Macのメリット

・凄まじい処理能力を発揮するかも

iPhoneiPadは発売当初からApple独自のCPUを搭載している。

ご存知の通り、iPhone ProやiPad Proの処理能力は凄まじく、並のPC以上どころか、単純にベンチマーク比較すればMacBook Proより良い

iOS用のアプリがMacで使える

iPhoneiPadで遊んでるゲームや、便利なアプリがそのままMacでも使えるようになる。

詳細は不明だが、6月のイベントでもそのデモンストレーションが行われていた。

余談:嫌でも2年で完全移行

Appleは2020年6月のイベントで「最初のシステムは年末までに出荷されます。移行期間は2年の予定です。」と公式に公表している。

つまり、嫌でも何でも2年後には全ての販売されるMacAppleシリコン搭載になるのだ。

という事で、泣いても笑っても、2年後には全部Appleシリコンになっちゃうよって話でした。

LGのゲーミングモニターはすぐ壊れ修理サポートも最低

今年の7月にLGのゲーミングモニターを購入したのだが、すぐに壊れた。そして、サポートもとても悪く、非常にストレスがたまったので多くの方が被害に遭わないよう、LGのモニターを購入しないようにここに経緯を書いておく。PS5用に探している人は特に要注意だ。

時系列で見る酷すぎるLG

7月2日:LGモニター購入。

8月始め:映る時と映らない時がある症状が出る。

8月15日:全く映らなくなる(真白のまま何も映らない状態)。

8月16日:修理に出す。

8月31日:一向に音沙汰が無いので問い合わせると、部品がなく修理ができないと言われる。新品の商品を現在も売っていてなぜ部品がない? 次の部品入荷が9月23日くらいと言われる。

9月23日:部品が入荷されなかったとLGから電話が来る。さらに次の入荷は10月23日と言われる。私はこの時点でモニターを使っている時間より修理に出した時間の方が長い。

9月25日:9月28日に部品が来そうと電話がある。

10月5日:修理から戻ってくる。が、修理時に同封したACアダプターと電源ケーブルが入っていない。

ACアダプターと電源ケーブルの画像

当然モニターは使えない。クレームを入れるとごにょごにょ言って、すぐに新品を送りますという事。

10月9日:ACアダプターと電源ケーブルが送られてきた。かと思いきや、ACアダプターのみで電源ケーブルは無し。

ACアダプターと電源ケーブルの画像

当然モニターは使えない。そもそも、私の同封したACアダプターと電源ケーブルは紛失したようだ。客の物を紛失する最低なサポートだ。

10月10日(このブログを書いている日):再度クレームを入れたが返事はない。

酷いポイントまとめ

・購入後1ヶ月ちょっとで故障

・1ヶ月のうちの1週間は映ったり映らなかったり。

・修理に2ヶ月以上かかり未だ使えず。

・客のACアダプターと電源ケーブルを紛失する。

・替わりに送ってきたのはACアダプターのみ。

感想

モニターが故障したのは百歩譲ってハズレを引いたと思って我慢したとして、その後の対応は本当に酷すぎる。

千歩譲って部品の入荷が遅れた事は我慢したとして、人が修理に出した物を紛失するとは本当に酷すぎる。

どういう環境で修理しているのだろうか? 修理後の発送前に確認しないのだろうか?

常識的に考えてあり得ない事が起こっているのがLGだ。

呆れ果てて仰天。

かつてMacのディスプレイでも不良品を続出させたLGだが、ここまで酷いとは思っても見なかった。

本当に、LGのモニター(モニターだけでなく商品全部)だけは買わない方がいい。

LGは最低です。

【PS5】ディスプレイだけじゃない! 120fpsでFortniteをやる時の注意点

先日、PS5の予約が開始された。高性能ゲームPC並みの性能ながら5万円と破格の値段だ。多くのゲームで120fpsに対応するようで、Fortniteも対応する予定だが、注意点がある。今回はその事を書く。

注意1, テレビは120fps(120Hz)に対応か?

現在、PS4やスイッチをプレイしている多くのユーザーがテレビに接続しているだろう。

だが、そのテレビはおそらく60fpsまでしか対応していない。

PS5で120fpsが出てもテレビが60fpsだとプレイヤーが見る映像は当然60fpsだ。

現状、120fps出るテレビは高額なので120fps対応のゲーミングモニターを買うのが良い。

fpsはHzという単位で表され、入門ゲーミングモニターはだいたい144Hzとなっている。

ゲーミングモニターの写真

3万円以下のモニターも何種類か出ている。

4K画質で楽しみたい人は当然4K画質対応のモニターが必要だが、値段が跳ね上がる。プロプレイヤーの多くはフルHD画質なので、わざわざ4Kが必要とも私は思わないし、4Kによりfpsが不安定になっては元も子もないだろう。

ちなみに、韓国メーカーのLGモニターはやめるべきだ。私が買ったLGのゲーミングモニターは2ヶ月も経たず映らなくなった。

注意2, モニターのHDMI端子は120fpsに対応か?

120fpsのモニターが用意できたら、それをHDMIで繋げば120fpsでゲームが楽しめる、とはならない。

モニターにはDisplayportとHDMIが搭載されているが、安いモニターだとHDMI1.0にしか対応していない場合がある。

フルHD 120fpsでFortniteを楽しむにはモニター側のHDMI入力端子がHDMI1.3以上に対応している必要がある。

4K 120fpsでプレイする予定があるならHDMI2.1に対応している必要がある。正確にはHDMI2.0の一部も対応しているが、訳が分からなかったのでここでは書かない。調べてね。

このHDMI2.1を搭載した安価なモニターが意外にも少ない。

ディスプレイのHDMIの仕様

なのでDisplayport - HDMI2.1の変換端子を買って、接続するのが良いのかもしれない。

フルHD 120fps でプレイするならばDisplayportのバージョンは特に気にする必要はない。4K 120fpsを考えるとDisplayport1.3以上が必要だ。

注意3, HDMIケーブルは120fpsに対応か?

PS5とモニターを繋ぐHDMIケーブルも当然、フルHD 120fpsや4K 120fpsに対応している必要がある。

だが、8Kや4K 120fpsに対応したHDMI2.1対応ケーブルが見つからなかった。SONYはその辺考えているのだろうか?

そうは言ってもHDMIケーブルはPS5に付いてくるだろうから問題ないだろうが。

という事で、PS5とモニターの注意点でした。

Apple Watch series6をまだ買わない理由

先日、Apple Watch series6が発表された。血中酸素ウェルネスアプリが追加されたが、今回も買わずにスルーでいいと思っている。その理由を今回は紹介する。

買わない理由

その理由は心電図機能、不整脈通知機能が使えないからだ。

半日以上付けているApple Watchだからこそ活かせるのがこの機能だと思っている。

心電図は健康診断でも行われるが、それは数分の測定だ。

24時間動いている心臓を寝ている間や、昼間の動いている間、長時間の測定を行うからこそ意味があると思うのだ。

実際にその機能のおかげで、命拾いした人もいる。

この機能はAppleも大々的にアピールしていおり、むしろ心電図機能こそApple Watchの大きな役目とも言えるので、価値が半減どころか8割減と言ってもいい。

2年経つが未だに日本では搭載されない

心電図機能はシリーズ4から追加された機能だが、規制で日本では使えない状態が続いている。

先日、その使用許可が通ったいう事がニュースになったが、まだ提供はされていない。

今回発売されたシリーズ6でも追加されていない。

下の画像はApple Watch シリーズ6の仕様表だが、日本版には心電図機能、不整脈通知機能が記載されていない。

アップデートで追加可能

ちなみに、Apple Watchシリーズ6自体には心電図機能、不整脈通知機能が備わっているので買い換える必要はなく、時期は未定だがAppleによる公式アップデートで使う事ができるようになる。

ちなみに、Apple Watch SEには機能自体が搭載されていないので買う人は注意が必要だ。

強引に心電図機能、不整脈通知機能を使う方法

それは心電図機能、不整脈通知機能が使える国のApple Storeで買って、その国でアクティベートするのだ。

各国語に対応しているので日本語で使うことはもちろん可能だ。

という事で、Apple Watch series6を買わない理由でした。